撥水加工品のご案内

水をはじいて印刷面をきれいに保つ
撥水加工品について
水汚れを気にする催し等に
水やお茶を布にこぼすと、水分が布に浸透しシミになったり、跡が残ったり…。せっかくの印刷物も見栄えが気になってしまい、さらに会社や商品イメージも心配。そんなときは、撥水加工品がおすすめです。
傘やウェア(レインコートやスポーツウェア)などではおなじみの撥水加工。弊社でも、撥水機能を持たせたテーブルクロスなどを製作しており、水汚れを気にする催し、店頭などでご利用いただいております。
撥水性能比較
写真はトロマットの撥水あり、なし(通常の生地)を比較したもので、注水時と注水後(5秒程度経過)の比較になります。撥水ありは水玉になってとどまりますが、撥水無しはすぐに浸み込んでいってしまいます。
撥水無し(注水時)
水を注ぐとすぐに広がっていき、生地に浸み込んでいきます。
撥水無し(注水後)
表面に水滴は残らず、生地を伝って浸み込んでいきます。
撥水あり(注水時)
水を注ぐと生地の上で転がり、大小、水玉になってとどまっています。
撥水あり(注水後)
時間が経過しても、水玉は生地にどまり続けています。浸み込む様子はありません。
ご使用の際は(撥水加工品)
表面にとどまった水滴は乾いた布(タオル)などで拭き取ることが出来るのでメンテナンスが簡単です。撥水性能を長持ちさせるため、タオル等で拭き取る際は擦ったり、叩いたりはせず、軽く当てて表面についた水滴を吸い取ってください。また、水に浸したり、洗濯したりするなど、水気の多い状態が長時間続くと効果が薄れていきます。その場合は日の当たらない風通しの良いところに干すなどして乾燥させてください。その後、軽くアイロン等をかけると効果が戻る場合があります。
※水で色が流れることはございませんが、印刷物の洗濯(特に洗剤を使用した)は推奨しておりません。
※アイロン等で熱をかけすぎると印刷面が再昇華する場合がございます。あて布等をして低温で作業を行ってください。
撥水加工のおすすめ生地
弊社取扱の撥水加工済み生地になります。製作時の参考にご覧下さい。
撥水トロマット(防炎)
撥水と防炎性能を持ち合わせた生地です。厚手で横断幕など屋外で使用するものに用いることのあるメディアです。生地にボリュームがあるため、透けにくく、丈夫なため、長期的にご利用される場合にお奨めです。
推奨印刷方法 インクジェット
拡大生地写真
撥水トロマット(防炎)は常時在庫品となります。その他の生地でも撥水加工は可能ですが、印刷、生地条件や製作ロット数により、お受けできない場合がございます。予めご了承いただきますようお願い致します。
撥水加工品の設置場面
飲食を伴う展示、催し物などのテーブルクロス。水汚れが気になる屋内外ののれんやタペストリー等で。軽く水をこぼした際には水滴となって表面を転がるので、簡単には水が生地に浸み込みません。(※性能には限界がございます)

※撥水性能は時間とともに低下致します。
※撥水の効果が落ちた際、アイロン等をかけると性能が向上する場合があります。
※長い時間、水に触れる状態。大量の水を浴びる状態、水に浸る状態では撥水性能を超え、浸み込む場合がございます。

CONTACT

「こんなグッズ作れる?」などといった、 オーダーメイドの販促グッズのご相談も承っております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

30秒で入力完了! 無料相談はこちら
(24h受付)
03-3935-4424 受付 : 平日9:00~17:40