小さな巨人

ミニのぼり

小さくても力持ち、棚を華やかに彩り、商品とともに訴求する
存在感はのぼり旗並み!
ミニのぼり
立体的アピール 商品と並べて 大きな効果を生む
ミニのぼりは小さくても、卓上、陳列棚での存在感はのぼり旗並み。商品に並べて使用する効果的な販促ツールです。ミニのぼり旗の寸法やパーツ(円盤土台、クリップ式など)の組み合わせにより多種多様なミニのぼりの製作が可能です。

・清涼飲料水やビール、製菓の新製品キャンペーン
・地域の物産や生鮮食品、季節祭りなど、各種商品の販促に
・キャラクターミニのぼり など…
ミニのぼりの登場シーン
■商品、物産展の卓上に
店頭の一押し商品のPRに。道の駅や農協など、農産物の販売棚に商品名、名産品のアピールに。

■書店、CDショップ
売れ筋商品のアピールやコーナー案内など目印として。

■ノベルティーとして
キャラクターを印刷して配布用のノベルティーとして。

※写真は自立式のパーツにセットした場合のイメージです。

色数、サイズなどによりシルク捺染印刷、インクジェット出力を使い分け高品位のミニのぼりをご提供致します。また、インクジェット出力では両面印刷による、表裏別デザイン両面ミニのぼりも製作できます。

ミニのぼりの製作をお考えでしたら、ぜひご相談ください。設置する場所、用途に適した仕様のミニのぼりをご提案致します。本数も、1本~大ロットまで対応いたします。
出力イメージ
なお、印刷は通常ののぼり旗と同じ方法でおこなっております。そのため、旗のサイズ、デザイン(文字、ロゴ等)よっては読み辛くなったり、柄が潰れてしまう場合がございます。別途、校正代が必要となりますが、校正出力も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

※写真はインクジェット(昇華転写)出力イメージです。実際の製品と若干の誤差が生じる場合がございます。
※写真中の一目盛は1mmです。
寸法について
ご希望のサイズで製作が可能です
基本的にミニのぼりはお客様のご希望のサイズで製作が可能です。サイズ選びに弊社における一般的な寸法を図解致しました。

※ご案内のサイズは一例です。部材の仕様、安定性より通常は横1に対して縦3の比率が一般的です。

※ミニのぼりは専用部材を用いる商品です。商品の特性上、お見積にお時間をいただく場合がございますので予めご了承ください。
種類 名称 記号 旗本体の寸法
乗車券ICカード - W54×H86mm
ミニのぼり S W50×H150mm(1:3)
ミニのぼり M W60×H180mm(1:3)
ミニのぼり L W70×H210mm(1:3)
ミニのぼり XL W100×H300mm(1:3)
ミニのぼり向きのおすすめ生地
通常弊社にて取り扱いの布メディアの中で、お奨めの生地を抜粋し、適した利用シーンや特徴を記載いたしました。なお、生地写真をクリックすると大きな画像が表示されますので、素材選定の参考としてご覧下さい。なお、生地の耐久性につきましては、生地の厚さの他、加工方法によっても左右されるため、合わせてのぼりの加工についてもご覧下さい。
ポンジ
一般的にフラッグで用いるメディアで、裏抜けがよくコストパフォーマンスに優れています。 印刷は染め抜き(表の柄が裏に透ける)になります。
推奨印刷方法 インクジェット シルク捺染
拡大生地写真
トロピカル
ポンジより若干厚手のメディアで、ポンジに比べ強度に優れています。 印刷はシルク捺染の場合に限り、染め抜き(表の柄が裏に透ける)になります。
推奨印刷方法 シルク捺染
拡大生地写真
名称 重さ 素材 防炎対応
ポンジ 56g/㎡ ポリエステル100%
トロピカル 98g/㎡ ポリエステル100%
遮光ツイル
両面出力可能なメディアで、発色性に優れており。特有な光沢感があります。 印刷はインクジェットで対応。表裏同柄、もしくは別柄で印刷できます。
推奨印刷方法 インクジェット
拡大生地写真
遮光スエード
両面出力可能なメディアで、落ち着いたトーンで、柔軟なメディアです。 印刷はインクジェットのみの対応。表裏同柄、もしくは別柄で印刷できます。
推奨印刷方法 インクジェット
拡大生地写真
遮光ターポリン
ターポリンの両面出力可能なメディアで、ほかのメディアと比べ耐久性に優れています。 印刷はインクジェットのみの対応。表裏同柄、もしくは別柄で印刷できます。
推奨印刷方法 インクジェット
拡大生地写真
名称 重さ 素材 防炎対応
遮光ツイル 236g/㎡ ポリエステル100%
遮光スエード 315g/㎡ ポリエステル100%
遮光ターポリン 540g/㎡・厚み0.41mm※ 塩化ビニル系
※生地巾、メディア種により若干数値が前後いたします。
※上記以外にも各種メディアを取り扱っておりますので、シーンに合わせて最適な生地をご提案致します。
加工、付属品、部材
ミニのぼりは各パーツを組み合わせていろいろなバリエーションが作れます。卓上に立てるタイプ、クリップで付けるタイプ、吸盤で付けるタイプなど、印刷と組み合わせてお見積りいたします。もちろん、部材のみの販売も致しております。
加工(部材への旗の取り付け)
ミニのぼりは小さいため、布地の周囲は基本的にヒートカット(熱で周囲を溶かして解れにくくする方法)加工となります。

サイズに切った旗を部材に取り付ける際は「チチテープ」を付けます。チチテープは粘着式になっていて、シールを貼る要領で取り付けています。なおチチテープは旗や部材の大きさにあった長さのものを使用します。
ミニのぼり用部材(ミニのぼりパーツ)
設置方法の異なるミニのぼり用のパーツを4種掲載致しました。パーツは規格仕様のほか、パーツの組合せにより、多様な構成で製作することが可能です。製作の際、設置場所などお知らせ頂ければ、各種パーツの中から適した組合せをご提案致します。
ベースタイプ
販促用として、一般的な仕様です。棚やレジ横など平らな場所へ置くだけ。簡単に設置ができるタイプです。
サイズ、仕様に応じて、ウェイト(鉄製)を付けて重量を増すことにより安定した設置が可能です。

設置場所:商品陳列棚、レジ周り、カウンターなど
クリップタイプ
ポールやワゴンの縁などに付けて使うタイプです。スペースを占有せず、通路に対して向けて商品をアピールするときに便利です。
設置場所:カート・棚などの縁、洋服ワゴンなど

※設置場所に応じたクリップを複数ご用意いたしております。
吸盤タイプ
ガラス面など表面の平らな場所に手軽に付けることができるタイプです。
設置場所:ガラス面など、表面が平らなところ

なお、接着面が汚れている場合や凹凸のある場所では吸着が弱く、外れる可能性があるため、高い位置でのご使用はお控えください。
マグネットタイプ
ポールやワゴンの縁などに付けて使うタイプです。スペースを占有せず、通路に対して向けて商品をアピールするときに便利です。
設置場所:スチールなど磁石の付く棚など

なお、電気製品や磁石の影響を受ける機器に対してやその近くではご使用をお控えください。
ミニのぼりの支柱部材
塩ビパイプとステン線が一般的です。塩ビパイプはしっかりと旗を支える安定した印象、ピアノ線は支柱が細くスマートな印象を与えます。
パイプ、ステン線の長さはカットして調整するので、ミニのぼりの部材を含めた全高は希望のサイズで製作することが可能です。

CONTACT

「こんなグッズ作れる?」などといった、 オーダーメイドの販促グッズのご相談も承っております。 どうぞお気軽にお問い合わせください。

30秒で入力完了! 無料相談はこちら
(24h受付)
03-3935-4424 受付 : 平日9:00~17:40